播磨国総社の初えびす・とんど焼き2022開催日や時間は?アクセス・口コミまとめ

初詣が終わると次は「初えびす(十日えびす)」やお正月飾りを焼却する神事「とんど焼き」ですね。

播磨国総社・射楯兵主神社の初えびす(十日えびす)やとんど焼きがいつあるのか気になりますよね!!

  • 播磨国総社・射楯兵主神社の十日えびすととんど焼き開催概要
  • 播磨国総社・射楯兵主神社へのアクセス
  • 播磨国総社・射楯兵主神社の十日えびすととんど焼きの口コミや感想

など気になる点を調査しましたよ。

ぜひ最後までお読みくださいね。

早速、播磨国総社の初えびす(十日えびす)ととんど焼きがいつあるのかを調べてみました。

目次

播磨国総社の初えびすととんど焼き2022年の開催概要

播磨国総社の写真

播磨国総社の初えびす(十日えびす)は曜日にかかわらず毎年1月14日・15日・16日の3日間です。

とんど焼きも1月14日午前9時~16日正午までの3日間行われています。

14・15日は夜通し火がついています。

十日えびすの時間は14日・15日は夜21~22時に閉門です。

16日は午後5時30分に閉門となります。

2022年も昨年同様、神門前の吉兆店は例年通り設置されますが、

新型コロナウイルスの影響で境内での福引大会・福神楽は取りやめ
西参道の露店はお正月同様に設置される予定です。

16日に予定されていた「宝恵駕籠行列」は2022年も中止が決定されています。

ですが福娘による特別神符の授与は行われるそうなので、商店街で福娘に会えるかもしれませんね^^

続いて播磨国総社の十日えびすととんど焼きについてまとめています。

播磨国総社の初えびすととんど焼きについて

破魔矢の写真

播磨国総社・射楯兵主神社の十日えびすととんど焼きについて調べました。

初えびす

播磨国総社・射楯兵主神社の初ゑびす祭(十日えびす)は「姫路のえべっさん」として親しまれているお祭りです。

また境内に奉納されている招福大マグロも必見ですよ。

初ゑびす祭では境内にたくさんの露店が並び、福引き大会も実施されているので大人も子供も楽しめます。

14日には姫路駅周辺の商店街を福娘を籠に乗せ、今年の福を届けながらまわる「宝恵駕籠(ほえかご)行列」が行われます(2022年も中止が決定されています)。

社務所では破魔矢などの縁起物も多く販売されています。

とんど焼き

とんど焼きの写真

とんど焼きとは小正月(1月15日)に行われる火祭り行事です。

お正月に神社に飾った杉盛やしめ縄、参拝者らが持ち寄ったしめ縄やお札をこの日に燃やし、1年間の災いを払い、豊作や商売繁盛、家内安全、無病息災、子孫繁栄を願います。

とんど焼きの名前の由来は「どんどん燃えるから」「燃やし初めに青竹がはぜてドンっと音がするから」などだそう。

播磨国総社では14日午前9時に点火され、16日正午まで行われています。

各地域で「とんど焼き」「どんど焼き」「道祖神祭」「左義長」「鬼火たき」など様々な呼び方をされていて面白いですね。

続いて、播磨国総社へのアクセス方法についてまとめています。

播磨国総社へのアクセス方法

▼播磨国総社・射楯兵主神社の住所▼

姫路市総社本町190

この記事が気に入ったら
フォローしてね!

よかったらシェアしてね!

この記事を書いた人

2015年2月生まれの娘と2018年8月生まれの息子の子育て中のアラフォーママです。このブログは2児の母になった私が経験したことやこれよかったよ☆と思ったモノを紹介しています!

目次
閉じる