抱っこ紐ケープは夏も必要!?ママに人気の夏用ケープと代用品をご紹介!

抱っこ紐ケープは夏にも必要のアイキャッチ画像

抱っこ紐ケープは夏にも必要かなぁ?!

抱っこ紐ケープは冬の防寒用に購入する方も多いと思います。

すでに冬用のケープを持っている場合、わざわざ夏用のケープを買い足すのはモノも増えるし悩みますよね。

そこでこちらの記事では

  • 夏用に抱っこ紐ケープは必要なのか?
  • どういった抱っこ紐ケープを選ぶのがいいのか?
  • ママに人気の夏用の抱っこ紐ケープ
  • 抱っこ紐ケープの代用品に使えるもの

を調査しまとめました。

夏用の抱っこ紐ケープを用意する際の参考にしていただけるとうれしいです。

早速次の項目では抱っこ紐ケープが夏も必要かどうかをまとめています。

抱っこ紐ケープは夏も必要?

冬に使うイメージの強い抱っこ紐ケープ。

暑い夏にケープなんて必要かな?と思ってしまいますよね。

結論から言うと、夏にも抱っこ紐ケープは必要です

抱っこ紐で抱っこしていても、赤ちゃんの脚や手は抱っこ紐から出ているので、紫外線対策に抱っこ紐ケープは重宝します!

日焼け止めを塗るほどでもない短時間のお出かけの際にも、サッとケープをつけるだけで手軽に紫外線対策ができちゃいますよ。

また防水性のある抱っこ紐ケープなら雨の日にも活躍します。

代用品も後程ご紹介しますが、抱っこ紐専用のケープがあった方が機能性も高く使い安くておすすめです!

ゆっぴぃ
ゆっぴぃ

私も持っていましたが、抱っこ紐ケープなら足まですっぽり覆うことができるし、抱っこ紐に着けるとき用のクリップがあるので断然便利でした^^

紫外線対策以外にも

  • 冷房の効きすぎによる冷え対策
  • ベビーカーやチャイルドシートに乗る時の紫外線対策
  • 出先でお昼寝してしまった時用のお布団代わり
  • 授乳ケープ

としても使うことができるので一枚あるとすごく便利!ぜひ使ってくださいね。

では続いては抱っこ紐ケープを選ぶ際のポイントをご紹介しますね。

夏用の抱っこ紐ケープを選ぶ時のポイント

抱っこ紐ケープ、色々な機能性が備わっているものが増えてきています。

夏に抱っこ紐ケープを選ぶ時のポイントをご紹介しますね。

通気性の良いもの

汗をかきやすい季節に使用するので、メッシュ素材や接触冷感素材でできている通気性の良いものがおすすめ!

通気性が良い熱がこもらないものは暑い夏でも快適に使えます。

UVカット機能のついているもの

紫外線の強い季節に使うので、UVカット機能も外せません!

生地の安全性を検査している商品が安心ですよね。

シンプルなデザインのもの

抱っこ紐ケープは抱っこ紐に着けると表面積が広いので、いろいろなシーンや服装に合うよう、シンプルなデザインがおすすめ!

抱っこ紐ケープにポケットがついているものはスマホやハンカチなどちょっとしたものを入れることができて便利です^^

軽くてコンパクトになるもの

抱っこ紐につけるものなので軽いものが良いですよね!

また収納に困らないコンパクトになるものを選びたいです。

収納ポーチがついているものもありますよ。

撥水加工してあるもの

撥水加工があるものは雨が降った時にも重宝します。

おくるみなどを夏用の抱っこ紐ケープとして代用する場合は撥水加工はないので、レインカバーとしても使用するなら撥水加工してあるものが必須です。

ママに人気の夏用の抱っこ紐ケープ

次にママに人気の夏用の抱っこ紐ケープをまとめました。

どれも機能性抜群で評価も高くおすすめのものばかりです^^

①2WAYウインドブレーカー&レインカバー抱っこ紐ケープ

アウトドア用の生地で作られている抱っこ紐ケープは耐久性にも優れ、約180gと軽量!

裏面はメッシュ加工。UVカット機能も付いています。

楽天市場のランキングでも1位に入る人気商品。

レビューも100件以上、★4.57と高評価です。

②BRILBE抱っこ紐ケープ

お手頃価格でありながら、UVカット98%、遮熱、速乾機能もある高機能な抱っこ紐ケープ。

UVカットケープとレインケープの両方で使うことができます。

縫製もしっかりしていて、冷感素材のサラサラな生地とレビューも高評価ですよ。

created by Rinker
¥2,150 (2021/06/11 09:33:12時点 楽天市場調べ-詳細)

③ニトリ 抱っこひも用ひんやりブランケット

Nクールでおなじみのニトリにも抱っこひも用のブランケットが販売されています。

Nクールでサラサラの生地がうれしいですね。

抱っこ紐ケープ夏に代用品はコレ!

とても便利な抱っこ紐ケープですが、家にあるもので代用したいということもありますよね。

そんな時におススメしたいのはガーゼタイプのおくるみとブランケット用のクリップ

お手持ちのガーゼ素材のおくるみをケープとして使うのも有効です。

そしてブランケット用のクリップがあれば、抱っこ紐やベビーカーにもつけることができます。

ただ風で足の部分がめくれてしまったりするデメリットもあります。

UVカット機能や撥水加工がないのでそういった機能が欲しかったらやはり専用の抱っこ紐ケープがおすすめです!

抱っこ紐ケープは夏も必要?のまとめ

抱っこ紐ケープは夏にも必要?!と題して、選び方、おススメの抱っこ紐ケープ、代用品をご紹介しました。

夏の抱っこ紐ケープは

  • 通気性の良いもの
  • UVカット機能
  • シンプルなデザイン
  • 軽くてコンパクト
  • 撥水加工があるもの

がおすすめです!専用の抱っこ紐ケープならつけ外しも簡単で機能性も抜群!

一枚持っていると春~秋の長い期間、重宝しますよ。

人気の商品は売り切れてしまうこともあるので早めに準備してくださいね。

最後までお読みくださりありがとうございました!

▼ママにできる夏の紫外線対策まとめています▼