小学1年生の傘のサイズのおすすめは?大きさや長さの選び方まとめ

小学1年生の傘選びのアイキャッチ

小学1年生になると傘を買い替えることも多いのではないでしょうか?

これまで幼稚園や保育園はおうちの方との登園でしたが、小学生になると一人で登校することになりますよね。

ランドセルをもって慣れない通学路を一人で歩いて登校。

ただでさえ大変なところに雨が降ったら、もっと大変になります。

ゆっぴぃ
ゆっぴぃ

わが家も小学一年生の娘がいて、傘選びには悩みました。

こちらの記事では、これからの梅雨の時期に小学1年生に合った傘の選び方についてチェックしたいことをご紹介しています。

  • 傘のサイズ
  • 7つのチェックポイント
  • おすすめの傘
  • 折り畳み傘の選び方
  • 正しい持ち方とさし方

についてまとめています。

ぜひ最後までお読みくださいね!

小学1年生の傘選び・サイズは?

傘の画像

傘のサイズの目安は身長で選ぶといいとされています。

傘のサイズは親骨の長さ。

できるだけ長く使わせたいと思いがちですが、身長に合ったサイズの傘を選ぶようにしたいです。

小学校1年生なら身長にもよりますが50~53cmの傘といったところになりそうです。

サイズ年齢身長
50cm5~6歳ごろ105cm~120cm
53cm小学校低学年以上115cm~130cm
55cm小学校中学年以上120cm~140cm
58cm小学校高学年以上130cm以上

小学一年生の傘選び・7つのチェックポイント

チェックの画像

次に小学一年生の傘選びにチェックしたいポイントを7点あげますね。

安全を重視して、機能性を重視して選びたいです!

  • 色や柄が目立つもの

1年生は特に黄色などの目立つ色がおすすめ。

雨の日は見えにくいもの。目立つものがベストです!

  • 先端が太くて丸い

子供用の傘は先が細いものはほとんどないと思いますが、チェックしておきましょう!

  • 透明窓があるもの

子供が傘をさすと前のめりになりがちなもの。透明窓を前にしてさすと視界がよく安心です。

できたら2面透明窓があるといいですが、1面でもいいですね!

  • 一人で開閉できるもの

学校へ行く時に一人で開閉できるものが良いです。

小学生用の傘になるとジャンプ傘も多くなってくるので、人のいない方向へ向けてさすなど、そういった点も注意できるようにしたいですね。

  • 持ちやすい持ち手

子供用の傘なので、持ちやすい持ち手が多いと思いますが、持ち手部分が持ちやすいかどうかもチェックしたいです。

  • 適度な軽さ

雨の日に歩くのはただでさえ大変なのに、小学生となると傘だけでなく、ランドセルやほかにも荷物があります。

適度な軽さの傘を選びましょう^^

  • 反射材つきのもの

冬場や習い事で帰りが遅くなる場合に備えて、できるだけ反射材のついたものを選びたいです!

反射材がついていない場合は反射シールも市販されているので傘に貼るのもいいですね^^

反射シールは100円ショップにもありますがAmazonなどでも星型などの反射シールもありますよ!

created by Rinker
キャプテン(CAPTAIN)
¥308 (2021/06/10 22:14:34時点 Amazon調べ-詳細)

小学1年生におすすめの傘

次に小学1年生におすすめの傘を3種類ご紹介しますね!

二面の透明窓のある傘

透明窓も二面ある傘と安心ですね!

こちらは2面の透明窓があり、小学生におすすめの55cm・60cmがありますよ。

他のお友達とかぶらなそうでいいですね!

一面の透明窓がある傘

透明窓が一面になってしまいますが、その分色々なデザインが選べます!

柄つきの全面透明傘

全面透明のビニール傘は柄が全面に入っていて、かわいいものが多いですよね!

すみっコぐらしの傘はわが家の娘もお気に入りで使っています。

小学1年生の折り畳み傘の選び方

小学校に入学する前に先輩ママに聞いたのが折り畳み傘があった方がいいということでした。

急な雨に備えてランドセルに折り畳み傘を入れっぱなしにしてるとか!

ゆっぴぃ
ゆっぴぃ

朝雨が降っていて、学校に傘を忘れてきた次の日にまた雨でも折り畳み傘があると便利ですよね!

小学生になる時に折り畳み傘も用意することをおすすめします。

その時にチェックしたい折り畳み傘を選ぶポイントは

  • 一人で開閉できる
  • 手を挟みにくいカバー付のもの
  • ランドセルに入る大きさ
  • 軽量であること
  • できたら透明窓・反射材のついているもの

上記のことをチェックしながら、ぜひお子さんと一緒にお店で実際に傘をさしてみてくださいね!

ゆっぴぃ
ゆっぴぃ

わたしも娘と一緒にイオンで自分で開けるものかどうかチェックしながら購入しましたよ。

ちなみに畳んで袋に入れるまでは低学年にはなかなか難しいようです。

雨が降った時の帰りに使うだけと考えたら、畳んでしまうことは家に帰ってからすることになるのでそこは重視しなくて大丈夫です◎

傘の正しい持ち方とさし方

傘を振り回したりして、人にけがをさせてしまっては大変です。

お子さんには傘の正しい持ち方やさし方も教えておきたいですね。

  • 人がいないところで差す
  • 友達に向けて傘を開かない
  • 傘を振り回さない
  • 両手でしっかりと持って歩く
  • 前が見えやすい角度で持つ(透明窓を前にする)
  • なるべく顔をあげて、先を見ながら歩く
  • 道路を渡るときは傘をあげて、前後左右の安全確認をする
  • 友達と横に並んで歩かない。なるべくたて一列で歩く
  • 水たまりやすれ違う人を避けるときは、周囲を見て車や自転車が来ていないか確認する

たくさんありますが、雨の日は安全に十分注意して登下校できるようにしたいです。

小学1年生の傘選びのまとめ

小学1年生の傘選び、サイズは身長に合わせたもの。

身長にもよりますが50~53cmくらいがおすすめの大きさになります。

チェックしたいポイントは

  • 色や柄が目立つもの
  • 先端が太くて丸い
  • 透明窓があるもの
  • 一人で開閉できるもの
  • 持ちやすい持ち手
  • 適度な軽さ
  • 反射材つきのもの

でした。

1年生は一人での登校にも不慣れなもの。

安全性を重視して、傘選びもしていきたいです^^

最後までお読みいただきありがとうございました。

▼子供の傘はどこで買う?おすすめのショップご紹介してます▼

▼子供の長靴のサイズと選び方について書いています▼