出産レポ【2人目】無痛分娩の予定が自然分娩に!陣痛はソフロロジー式呼吸法で乗り切りました!

こんばんは、ゆっぴぃ(@yuppyuppy23)です。

先日は4歳になる娘の出産レポの記事を書きましたが、今日はもうすぐ6か月になる息子の出産レポを書きたいと思います。

4歳になる娘の出産レポはこちら↓

出産レポ【1人目】妊娠高血圧症候群からの無痛分娩!横向き寝で麻酔が半効き

上の子を無痛(和痛)分娩(以下、無痛分娩と書きます)で出産し、今回も痛みに耐えきれるか不安だったのでまた無痛分娩を希望していました。

しかし、夜に陣痛が始まり明け方には出産したので麻酔をすることができず(夜間は麻酔に対応してくれず)、自然分娩で出産しました!

産院がソフロロジー呼吸法を取り入れており、陣痛はとにかく長く吐くことを意識して耐えることができました☆

出産時のデータはこちら★

  • 37歳
  • 経産婦
  • 9か月までは毎日往復2キロ、娘を幼稚園まで歩いて送り迎え
  • 里帰り出産で34週に実家へ里帰り
  • 前回の妊娠中は臨月に血圧が高かったりしたが、今回は問題なし
  • 9か月後半ごろからたまに右腰がキューっと痛くなることあり
  • 無痛(和痛)分娩を希望
  • 臨月に入り、安産のお茶と言われているラズベリーリーフティーを飲む
  • 里帰り中は週1回、産院のマタニティヨガに参加
  • 産院がソフロロジー呼吸法を取り入れていたのですが、母親学級でCDを聞く程度しか取り組んでいなかった

出産前日 破水からの陣痛開始!

上の子は予定日より8日も早く生まれたので、今回も早く生まれるかな~と思っていたのに(娘の初めての幼稚園の運動会までに自宅に戻りたくて早く生まれてほしかった)、予定日近くになっても全く生まれそうな気配がせずに予定日2日前を迎えました。

上の子の時は安産になるようにいろいろ頑張ってましたが、今回は全く頑張ってませんでした^^;。

予定日2日前の午後から右腰がキューっと痛くなるのですがすぐに収まる痛みを繰り返していました。

午後9時 水っぽいおりものが出る

その日は娘が早く寝てくれたので、お風呂上りゆっくりしていたら立ち上がった瞬間、何か出てくる感覚が!

前に切迫流産で出血した時の感覚にとても似ていたので、まさかと思ってすぐさまトイレでチェックすると、水っぽいおりものが出ていました。

この段階では破水とは思ってませんでしたー!

午後10時 陣痛開始!

その後おりものが出てくる感じはせずに様子を見ていたら、下腹部がキューっとする痛みがするようになりました。

陣痛アプリで間隔を測ると8~9分おきに痛みが!

でもまだ我慢できる痛みだし、前駆陣痛かもと思って様子を見ることにしました。

午後11時 ピンク色のおりものが出る

我慢できる痛みはずっと8分おき位にやってきており、トイレへ行くと今度はピンク色のおりものが出ていました。

とりあえず横になって寝てみると、痛みが強いので起きて椅子に座り様子を見ることにしました。

午後12時半 病院へ連絡

なかなか痛みが治まらないので、母を起こし病院へ連絡すると、入院の準備をして来るように言われました。

娘は父に横に寝ててもらうようにお願いし、病院へ向かいました。

病院到着!いよいよ出産へ

午前1時半 破水しており、即入院へ

病院へ着くとベテラン助産師が出迎えてくれて、破水しているかの検査と内診で子宮口をチェック。

結果、破水していることがわかり、子宮口は3cmでした。

この後も何回もしましたが子宮口のチェックをする時の内診が本当に痛かったです(*´Д`)

破水しているので入院することになり、NSTの機械と血圧計につながれ、点滴の管を入れられました。

左側を向いて寝ると赤ちゃんが下りてきやすいとのことで、横向きで寝るけれどすごく痛かったです。

午前2時半 意外と早く進んでる?!

陣痛の痛みはまだ我慢できる程度でしたが、内診の結果、子宮口は6~7cmに!

意外と早く進んでいてびっくりしましたが、あとどの位この痛みが続くんだろう~とつらかったです(*´Д`)

痛みが来るとベッドの手すりをつかんで、息を吐くことに集中しながら痛みに耐えていました。

そして助産師さんが取り上げた赤ちゃんを置くベッドなどを用意し始めたのでびっくりしました。

午前3時半 いよいよ分娩台へ

子宮口が8~9cmになっていることがわかり、LDRのベッドが分娩台の形に。

もうこの体勢になるのか~とびっくりでした!

赤ちゃんが下りてくるようにまた左側を向いて寝るように言われたのですが、横向きになるとすごく痛かったです。

午前4時 ついに出産!

子宮口は全開に。

陣痛のタイミングに合わせて何回かいきんで、無事に男の子が生まれました♡

胸の上で赤ちゃんを抱かせてもらってカンガルーケアをさせてもらいました(*´▽`*)

やっぱりこの瞬間は感動しますね♡

胎盤が出てこない!激痛の胎盤用手剥離(*´Д`)

無事に赤ちゃんを出産し、あとは胎盤が出てくるんだよね~と思っていたのに、助産師さんがお腹を押してもなかなか胎盤がはがれ出てきませんでした。

そこで先生からちょっと痛いよ~と言われてなされたのは、なんと手で胎盤をはがす処置でした(*´Д`)

膣から手を入れて、手でお腹の中をぐるぐるされるのですが、これが本当に激痛でした!

後から調べてみると胎盤用手剥離といって胎盤が出てこなかったときにする処置だそうです。

まさか出産後にこんな痛みがあるとは思っていなかったので、本当に辛かったです。

ソフロロジー式分娩の感想

私が出産した産院ではソフロロジー式を取り入れていたので、母親学級ではソフロロジー式で出産された方のDVDを見たりイメージトレーニングのCDを聴き、産院のマタニティヨガではイメージトレーニングのCDを聴きながらお産をイメージする時間があったので取り組みました。

しかし自宅でも病院で販売されているCDを聞いてイメトレするように言われていましたが、今回は無痛分娩も希望していたし、上の子が一緒だと家でなかなかCDを聞くこともできなかったのでほとんど聞いていませんでした。

(ただ上の子の妊娠中は毎日聞いていたので、音楽は覚えていました)

ソフロロジー呼吸法とは

出産の時に代表的な呼吸法といえばラマーズ法がありますが、もう一つソフロロジー呼吸法も有名です。ソフロロジーとは、フランスで始まった出産方法です。

ソフロロジー呼吸法は、リラックスできる音楽を聴きながらエクササイズやイメージトレーニングをすることで、出産をする不安や怖いという気持ちを軽くし、前向きな気持ちでお産ができるようにしていきます。

気持ちが前向きになることで母性を育むことにもつながります。

ソフロロジー呼吸法は単なる出産時の呼吸法ではなく、リラックスした状態で陣痛を受け入れ、赤ちゃんとともにお産を乗り越えようとする力となります。

出典元:mamari ソフロロジー呼吸法とは?出産時のソフロロジー呼吸法体験談

産院で販売されていたCDの販売は見当たりませんが、そのCDを監修されている松永昭さんという方の本は販売されているようです(*^^*)

あとは母親学級などではこちらのことを教えていただいていました★

  • 陣痛の痛みは長くても50秒
  • 陣痛には必ずお休みの時間がある
  • お休みの時間はリラックスすることをこころがける
  • 陣痛がきているときは赤ちゃんも苦しいから、息を吐いて酸素を送ってあげる
  • 赤ちゃんも頑張って会いに来てくれるとイメージする

LDRの部屋に入院してからは、母親学級などでもいつも聴いていたソフロロジー式イメージトレーニングの曲が流れていてそれを聴きながらの出産でした。

特に毎日CDを聞いてイメトレしていなかった私でも、助産師さんの声掛けでなんとか長く吐く呼吸を心がけて叫ぶことなく陣痛をのりこえることができました♡

陣痛中に私がやったことは

とにかく陣痛の痛みの波が来たら、吐くことに集中する

これだけでした。

私の場合は、叫んだら余計に体力を消耗してしまいそうな気がしたので、吐くことに集中できたのかもしれません^^;

母親学級で見たDVDでは赤ちゃんが出てくるときも静かにいきまずに出産だったんですが、私の場合はさすがにそれはできなくて、かなりいきまないといけなかったです(*´Д`)

でもソフロロジーの呼吸法をすることで、落ち着いて出産に臨むことができたと思います(*^^*)

まとめ

上の子の時は妊娠高血圧症候群になり入院から出産まで40時間近くかかったので、今回も40時間はかからないにしても時間はかかるだろうと思い臨んだ出産でした。

今回は結局破水から出産まで7時間半での出産で、経産婦は早いとよく聞きますが本当に早いな~と自分でもびっくりでした!

また前回が無痛分娩だったので今回痛みに耐えきれるか本当に不安でしたがソフロロジーのおかげか、なんとか乗り越えることができて無事に赤ちゃんに会うことができ本当によかったです♡

出産後の胎盤用手剥離がこれまた本当に痛かったですが、コープ共済(たすけあい女性コース)に加入していたので共済金ももらうことができました。

最後までお読みいただきありがとうございました(*^^*)