【子連れ帰省】飛行機移動のコツと機内での過ごし方

こんばんは。ゆっぴぃです。

年末年始ですね。

我が家は自宅が神戸、実家が鹿児島なので毎年年末年始やお盆などの長期休みには帰省します( * ˊᵕˋ )

今は娘が3歳になり飛行機はお金がかかるようになったので帰省は新幹線ですが、2歳までのお膝の上は無料の間は飛行機で帰省していました。

飛行機って狭い空間でこどもが騒いだらどうしようとか、泣いた時には自由に立ち上がってうろうろすることが難しかったりで大変ですよね(;´д`)


そこでわたしが2歳まで娘を連れて飛行機(スカイマーク)で帰省するときに気をつけていたことや機内での過ごし方をご紹介します。

座席はここを選ぶ!

ずばり後方座席を選びます☆

  • 後方は人が少ないことが多い。
  • CAさんが近くにいらっしゃる。前に離発着の際にCAさんが近くにいらして娘が動きたくて仕方のないときに座席から娘の気を紛らわせていただいたことも(*^^*)
  • 同じように子ども連れの方が多い。
MEMO
予約の時点で選んでおくといいです☺

荷物はこうする

荷物多いときは到着する日に着くように先に宅配便で送っておくと当日荷物が少なくて移動がラクですよ(*^^*)

搭乗まで

  • 余裕を持って最低1時間以上前に着くようにする。
  • 保安検査場も混んでいるときは早めに通過する(特に羽田行きと時間が重なっている場合は混雑するので早めにする)。
  • 時間があればキッズスペースで遊ばせる(疲れて機内で寝てくれることを願って☆)。
  • オムツ替えも空港内で済ませておく(機内でのオムツ替えもできますが大変狭いです)。

機内での過ごし方

この記事のもくじ

0歳代

とにかく授乳で乗り切りました!

娘は混合授乳だったのでミルクの時間を搭乗に合わせて機内で飲ませ、泣きそうになったらすぐに授乳!なので授乳ケープは必須です。

わたしのおススメの授乳ケープはこちら↓

1〜2歳代

  • 絵本を読む
  • 塗り絵 水を入れたペンで塗る塗り絵は汚れないのでおススメですよ☆
  • シールブックやマスキングテープを貼る
  • マグネット付の絵本
  • おやつを食べさせる みかんやバナナ、お芋は皮をむいたりするので時間稼ぎができます☆
MEMO
スカイマークでは絵本の貸し出しや塗り絵の用紙と色鉛筆を貸してくださいます(*^^*)

それでももう飽きてしまって仕方がないときは、スマホで撮った写真をひたすら見せて時間を稼いでました(汗)

ちなみにうちは歩く事ができるようになる1歳すぎが一番大変でした(;´д`)

さいごに

子連れで飛行機に乗るのは、本当に大変ですよね。

私の乗る神戸―鹿児島間のスカイマークは一日2便しか飛んでいないので搭乗時間を選びにくいんですが、選べるときはお昼寝の時間を選べると寝てくれる可能性が高くなるのでいいですね(^^♪

我が家の例がどなたかのお役に立てればうれしいです♡

最後までお読みいただきありがとうございました(*^^*)

\3か月無料で音楽聴き放題/Amazon music unlimited
登録はコチラ
\3か月無料で音楽聴き放題/Amazon music unlimited
登録はこちら