赤ちゃんが日焼け止めをなめる!対処法とおすすめの日焼け止め

赤ちゃんが日焼け止めをなめるのアイキャッチ画像

赤ちゃんが日焼け止めをなめる!なめてしまったときの対処法を調査しました。

暖かくなってくると紫外線が強くなり、赤ちゃんにも日焼け止めが必要になってきます。

赤ちゃんに日焼け止めを塗ると気になるのが赤ちゃんが日焼け止めを塗った手や足をなめてしまうこと!

ゆっぴぃ
ゆっぴぃ

赤ちゃんってなんでも口に入れてしまいますよねー!

時には抱っこしているママの身体をなめてしまうことも!

赤ちゃんが日焼け止め塗った肌をなめてしまっても大丈夫なのかな?!と不安になりますよね。

ということでこちらの記事では、

  • 赤ちゃんが日焼け止めをなめてしまった時の対処法
  • 赤ちゃんに安心のおすすめの日焼け止め

を調べてみました。

ぜひ最後までお読みくださいね!

赤ちゃんが日焼け止めを舐めた時の対処法

なんでも口に入れてしまう赤ちゃん。

その姿はなんともかわいいですが、ママとしてはなんでもなめてしまって心配ですよね。

日焼け止めを塗らないということは

では日焼け止めを塗った手をなめてしまった時はどうしたらいいのでしょうか?

答えは、なめてしまっても問題ありませんでした。

岡山県薬剤師会のホームページには日焼け止めクリーム・オイル・ローションを飲んだときはどうしたらいいか?のQ&Aが掲載されています。

■日焼け止めクリーム・オイルを飲んだ
中毒の心配はほとんどありません。水か牛乳を飲ませて、様子をみてください。

■日焼け止めローションを飲んだ

少量の場合は、水か牛乳を飲ませて、様子をみてください。

体重10キロあたり10mlを越える量なら、水か牛乳を飲ませ、吐かせて医師へ。

岡山県薬剤師会ホームページより引用

飲んでしまった場合でも中毒の心配はほとんどないとのことなので、万が一なめてしまっても問題はなさそうです。

気になる場合は赤ちゃんの場合はお白湯やミルク、おっぱいを飲ませるといいようですね。

ただしいつもと様子が違うといった場合は、早めにかかりつけのお医者さんにかかるようにしましょう。

休日などで病院にかかるかどうか迷った場合は、小児救急電話相談(#8000)へ相談してみるのもおすすめです。

小児科医師・看護師からお子さんの症状に応じた適切な対処の仕方や受診する病院などのアドバイスを受けることができますよ。

こちらのこどもの救急のホームページも子供に何かあった時に詳しくわかりやすく書かれているのでおすすめです!

ゆっぴぃ
ゆっぴぃ

わたしも娘が軽度のやけどをしてしまった時に相談しましたが、アドバイスしてもらえて安心したことがあります。

日焼け止めに含まれる赤ちゃんに良くない成分

なめてしまった場合も心配ないとのことでしたが、日焼け止めに含まれる赤ちゃんによくない成分はどんなものなのかを調べてみました。

日焼け止めに含まれる赤ちゃんによくない成分は

紫外線吸収剤と不要な添加物(香料や着色料)です。

日焼け止めの成分には紫外線吸収剤と紫外線散乱剤の2種類があります。

紫外線散乱剤には紫外線をはね返す効果があり、天然成分に含まれていることが多いです。

一方の紫外線吸収剤は化学反応を起こし、紫外線を熱に変えて放出するもの。

紫外線吸収剤は化学反応を起こすことが刺激となり、赤ちゃんや肌の弱い人には注意が必要です。

香料や着色料の添加物はそもそも日焼け止めには必要ないモノ。

アルコールやパラベンも刺激になるので入っていないものを選びたいですね。

赤ちゃん用の日焼け止めには刺激の強い成分が入っていることはほとんどないと思います。

ですが、日焼け止めを選ぶ際には紫外線吸収剤不使用、香料・着色料不使用、アルコールフリー、パラベンフリーと書かれているものを選びましょう。

ママができる赤ちゃんにとって安全な日焼け対策

日焼け止めはなめてしまっても問題ないとはいえ、やっぱり食品以外のモノが赤ちゃんの口に入ることは気になりますよね。

そこでママができる赤ちゃんにとって安全な日焼け対策を調べてみました。

舐める部分には日焼け止めを塗らない

赤ちゃんが日焼け止めをなめてしまうほとんどが、手や足をなめてしまった時に口に入ることですよね!

なめてしまう手や足の部分に日焼け止めを極力塗らないことで、なめてしまうことから避けることができます。

赤ちゃんが日焼け止めをなめる可能性が低い部分はしっかりと日焼け止めを塗るといいですね^^

塗らない部分には日焼け止めを塗らずにできる紫外線対策をしていきましょう!

UVカット機能つきの長袖や、レッグウォーマーはおすすめです。

▼日焼け止めを塗らずにできる紫外線対策はこちらの記事で詳しくご紹介しています。

食品成分でできた安全な日焼け止めを使う

食品成分でできた安全な日焼け止めもあります。

またオーガニックの日焼け止めなら気になる化学物質が入っていないので安心してつけることができます。

赤ちゃんが日焼け止めをなめてしまうことが気になる場合は、食品成分やオーガニックな成分でできた日焼け止めを使うのもいいですね◎

続いては赤ちゃんにおすすめな安心安全な日焼け止めについてまとめています。

赤ちゃんにおすすめの安心安全な日焼け止め

次に赤ちゃんに安心の日焼け止めを5点ご紹介しますね。

アロべビーUV&アウトドアミスト

アロベビーのUV&アウトドアミストは新生児から使えて、お湯で落とせます。

ミストタイプなのでササっと塗れるのがうれしいですよね。

100%天然由来成分で合成紫外線吸収剤、化合物ディート、合成香料、合成着色料、アルコール、合成ポリマー、パラベン、シリコン、鉱物油、石油系界面活性剤も不使用で安心です。

精油が配合されているので紫外線だけでなく虫対策もできますよ。

▼今なら15日間返金保証あり▼

アロベビーUV&アウトドアミストの公式サイト

トータルアウトドアUV

トータルアウトドアUVは紫外線や虫除け、乾燥、大気の汚れから赤ちゃんを守ってくれる日焼け止め。

多機能なのに99%天然素材、お湯で落とせるので肌に残って炎症を起こす心配がないのがいいですね!!

日焼け止めでありながらしっとり潤って保湿もできるすぐれものです。

ママバターUVバリアモイストクリーム

ママバターのUVバリアモイストクリーム・アロマインの香りはオーガニックシアバター配合で保湿ケアとUVケアが同時にできる日焼け止め。

虫が嫌がる精油も配合しているので、公園へ出かける際も使えます!

ママバターUVバリアモイストクリームの公式サイト

DHCベビー&ママサンガード

DHCのベビー&ママサンガードは紫外線吸収剤不使用で生後6ヶ月から使える天然成分を使った日焼け止め。

ウォータープルーフなので汗や水に強いのがうれしいです!

created by Rinker
DHC(ディー・エイチ・シー)
¥1,254 (2021/06/11 09:33:15時点 Amazon調べ-詳細)

マミーUVマイルドジェル

マミーUVマイルドジェルは90%が食品成分でできている日焼け止め。

推奨年齢は1歳からですが値段も手ごろでポンプ式なのが使いやすいです。

4599人のママが選んだ「ベビーカレンダーアワード2020」のベビー日焼け止め部門で1位を受賞したママに人気の日焼け止めです。

created by Rinker
マミー
¥968 (2021/06/11 09:33:16時点 Amazon調べ-詳細)

赤ちゃんの日焼け止めの塗り方のコツ

赤ちゃんの日焼け止めの塗り方のコツをまとめました。

  • 顔に塗る場合はクリームならパール粒大、駅なら1円玉大を手のひらにとって塗伸ばし、同じ量をもう一度重ね塗りする。
  • SPF15~20、PA++~+++のモノを選ぶ。
  • SPF低めのものを1~2時間ごとにこまめに塗り直す。
  • 十分な量を塗る。
  • お風呂ではよく泡立てたせっけんなどで洗い、お湯で流す

赤ちゃんが日焼け止めをなめる!のまとめ

赤ちゃんが日焼け止めをなめてしまった場合の対処法とおすすめの日焼け止めについてまとめました。

基本的に赤ちゃんが日焼け止めをなめてしまっても大丈夫!!

気になる場合は、赤ちゃんがなめそうな部分には日焼け止めを塗らない、または、食品成分やオーガニックの成分の日焼け止めを使うことで安心できます。

紫外線の強い時間帯に長時間外出するとき、赤ちゃんが日焼け止めをなめることが気になるから日焼け止めを塗らないというのはやはり危険!

赤ちゃんに安心な日焼け対策をして夏のお出かけを楽しんでくださいね^^

最後までお読みいただきありがとうございました。